シミの対策と予防方法について

シミ対策でできること

みなさんはシミ対策、していますか?
シミの原因は紫外線を浴びた肌の奥で皮膚細胞が変化し、メラニン色素が浮き上がり沈着してしまうことです。
一番単純な対策は、紫外線を浴びないことですが「絶対に浴びない!」と気負いすぎてしまうと、毎日、日焼け止めクリームを塗って、天気に合わせて日傘を持ち歩き、肌の露出の少ない服選び…ストレスが溜まってしまいますよね。
日焼け止めクリームなどで直接的な刺激による肌ストレスや、心因ストレスで肌のターンオーバーを乱すと肌荒れにつながり、皮膚細胞が正常に生まれ変われず、これも色素沈着の原因になってしまいます。
そこでわたしがお勧めしたいのは、バランスの良い食事やサプリメントを使い、健康を意識した生活です。


シミになる前に見直してみよう。生活リズムとバランス

肌は一定の周期で新陳代謝を繰り返します。これが正常に行われていれば、過度な日焼けが無い限り、シミの原因になるメラニン色素は溜め込まれないようになっています。
ところが、この周期が乱れたり、正常に機能しなくなると、シミとして肌表面に現れてしまいます。
周期の乱れは、食生活の乱れや睡眠不足などが大きな原因です。

 

そこで、ビタミンやミネラルを取り入れた食事とサプリメントを正しく使用する生活をお勧めします。
ただ単純に栄養や美白効果のある成分を取り込むのではなく、それを軸に毎日の献立を考えたり、決まった時間にサプリメントを服用すれば、自然と生活を一定のリズムで遅れるようになります。

 

紫外線対策や素肌ケアはもちろん必要ですが、何より生活習慣の乱れやストレスによって溜め込まれ「シミ」という形で現れてしまう前に、溜め込まない基礎を大切にして長くシミの無い素肌を保ちたいですね。

紫外線ケアでシミ予防

年齢が上がると、どうしてもシミやそばかすなど増えて目立ってくるのが気になってきますよね。
特にシミは肌が紫外線を浴びることで出来やすいので、普段から念入りにUVケアをすることが先決です。

 

UVケアが出来る商品の中には化粧品メーカーを中心に数々揃えられ、日焼け止めクリームから化粧下地やファンデーションなど、体のあらゆる箇所の紫外線を防げるように作られています。

 

そういったUVケア商品の中には日焼け止めの中には紫外線を跳ね返したり、吸着させたりする物質が含まれていますので、肌に入っていく紫外線の量を減らしてくれます。
肌のメラニン色素を作らせない働きがあるので、これからシミを作りたくないという肌にはとても有効なんです。


美白成分入りの化粧品でシミ除去

今からシミを作らせないためには紫外線ケアが有効ですが、出来てしまっているシミを薄くするのには何が有効でしょうか。

 

出来てしまっているシミには美白成分入りの化粧品が有効です。各化粧品メーカーいろんなタイプのものを出していますが、美白成分入りの化粧品はシミの原因のメラニンを肌から取り除く作用があります。肌本来のターンオーバーを助け肌の透明感を引き出したり、肌内部に働きかけメラニン色素を作り出す元に作用してシミを作らせづらくしてくれます。

 

またシミを強力に取り除くタイプのシミ取りクリームも存在します。
病院などでもシミ抜きに用いられることが多いハイドロキノン入りのクリームは差の効果が高く、気になるシミに塗り込むことで肌を美白に導きます。